弁護士からのメッセージMessage

弁護士 井上 聡大

弁護士 井上聡大

プロフィール

離婚・男女問題は、お客様の人生における大きな転機です。

そして、大きな転機であるが故に、お一人で抱え込んでしまい、誰にも相談できず、辛い日々を過ごす方が多いこともまた事実です。

私は、離婚・男女問題を解決することで、お客様が抱えている不安から解放し、お客様とそのお子様の今後の人生がより良いものとなるよう、最善を尽くします。

どうか、一人で問題や不安を抱え込まず、お気軽に私に相談してください。

全ての案件・全てのお客様に対して、誠心誠意、全力で取り組むことを誓います。

経歴

  • 茨城県日立市出身。
  • 茨城県日立市立久慈中学校卒業。
  • 水城高等学校卒業(茨城県水戸市)
  • 学習院大学法学部法学科卒業(東京都豊島区)
  • 明治大学法科大学院法務研究科法務専攻修了(東京都千代田区)
  • 最高裁判所司法修習修了
  • 現在、埼玉弁護士会所属。

ご相談を検討中の方へのメッセージ

私は、不倫慰謝料請求を受けている方と接するたび、感じることがあります。それは、不倫慰謝料請求をされた方は、不倫相手の旦那様や奥様を傷つけることや悲しませること、怒らせることを願っているわけでは決してないということです。

むしろ、多くの方は不倫相手の旦那様や奥様に対して申し訳ないという気持ちを持っておられます。

不倫慰謝料請求を受けている方には、それぞれご事情や想いがあります。そして、自身のご事情や想いを口に出していいのかどうか、不倫相手の旦那様や奥様から不倫慰謝料請求をされている状況下で自身の言い分を伝えてもいいのかどうかを悩んでおられます。

不倫相手の旦那様や奥様に対する申し訳なさも、自身の言い分を伝えていいのかどうかを悩む一要因となっておられるのだと思います。

不倫慰謝料請求を受けている方に私が伝えたいことは、お一人で悩んだり抱え込んだりせず、まずは一度ご相談にいらしてくださいということです。そして、ご事情や想いを私たちに遠慮なくおっしゃってください。
不倫慰謝料請求について多数の案件を私たちは扱っております。不倫相手の旦那様や奥様に対して伝えるべきではない言い分、伝えても良い言い分、伝えるべき言い分を、プロである私たちが助言いたします。

どうか、お気軽にご相談にお越しください。そして、「不倫慰謝料として多額の請求をされて困っている。」、「支払う金銭をできるだけ抑えたい。」、「少しでも早く解決したい。」といった率直なお気持ちを教えてください。

私たちは、あなたの率直なお気持ちやご希望をお聞きした上で、その実現に尽力することをお約束いたします。